みふゆ's blog

趣味のことなどを綴ります

百円均一の懐紙

f:id:demi33:20130227154732j:plain

 

 

ダイソーで懐紙を見つけて衝動買いしました。

中身は白地です。

右側は松竹梅の透かし入りですが、15枚入りと薄すぎなのが難点。

使いかけで薄くなった懐紙の束にかぶせてごまかして使おうと思います。

春の七草(はるのななくさ)

秋の七草のときにお茶でひとつも答えられず恥ずかしかったので、春の七草は覚えましょう!
せりなずな、 ごぎょうはこべらほとけのざ、 すずなすずしろ、 春の七草

ちなみに秋の七草
はぎききょう、 くずおみなえしふじばかま、 おばななでしこ、 秋の七草

利休七則(りきゅうしちそく)の意味

利休七則(りきゅうしちそく)について勉強しています。
裏千家の子ども向けページが参考によかったので、引用します。

 

「茶は服のよきように」

―心をこめる―
「お茶は心をこめて、おいしく点てましょう」という意味です。「服(ふく)のよきように」というのは、舌(した)の先でおいしいと感じることだけでなく、一生懸命(けんめい)に点てたお茶を客がその気持ちも味わっていただくという、主と客との心の一体感を意味しています。



「炭は湯の沸くように」

―本質を見極(みきわ)める
炭(すみ)に火をつけさえすれば必ずお湯がわくとは限りません。湯がよくわくように火をおこすには、上手(じょうず)な炭(すみ)のつぎ方があります。しかし、そのつぎ方を形式だけでのみこんだのでは火はつきません。本質をよく見極(みきわ)めることが大切です。



「夏は涼しく、冬は暖かに」

―季節感(きせつかん)をもつ―
茶道では夏の涼(すず)しさを「茶室」「露地(ろじ)」「道具の取りあわせ」に表現します。「打ち水」をしたり、床に「涼一味(りょういちみ)」などのことばをかけたり、冷たいお菓子をだすなど、自然の中に自分をとけこませるような工夫(くふう)をします。

 


「花は野にあるように」

―いのちを尊(とうと)ぶ
「花は自然に入れなさい」ということですが、「自然そのままに」再現するというのではなく、一輪(りん)の花に、野に咲く花の美しさと自然から与えられたいのちの尊さを盛りこもうとすることに真の意味があります。



「刻限は早めに」
―心にゆとりを持つ―

「時間はゆとりを持って早めに」ということですが、ゆとりとは時間を尊重(そんちょう)することです。自分がゆったりした気持ちになるだけでなく、相手の時間を大切にすることにもなります。そのときはじめて、主と客が心を開(ひら)いて向かいあうことができます。



「降らずとも雨の用意」

―やわらかい心を持つ―
「どんなときにも落ちついて行動できる心の準備と実際の用意をいつもすること」が茶道をする人の心がけであることをいおうとしています。どんなときにも「適切(てきせつ)に場に応じられる」自由で素直(すなお)な心を持つことが大切です。



「相客に心せよ」

―たがいに尊重(そんちょう)しあう―
「相客」というのは、いっしょに客になった人たちのことです。正客(しょうきゃく)の座にすわっている人も末客(まっきゃく)の席にいる人も、おたがいを尊重(そんちょう)しあい、楽しいひとときを過ごすようにしなさいと利休(りきゅう)は説(と)いています。

 

利休七則(りきゅうしちそく)

  • 「茶は服のよきように」
  • 「炭は湯の沸くように」
  • 「夏は涼しく、冬は暖かに」 
  • 「花は野にあるように」
  • 「刻限は早めに」
  • 「降らずとも雨の用意」
  • 「相客に心せよ」
こんなエピソードも…
このことばは、千利休(せんのりきゅう)がある弟子から「茶の湯とはどのようなものですか」とたずねられたときの答えでした。そのとき弟子は「それくらいのことなら私もよく知っています」といいますと、利休は「もしこれができたら、私はあなたの弟子になりましょう」といったそうです。

小寒(しょうかん)

お茶の勉強の一環として、二十四節気を勉強しています。

今日は小寒ですね。

次の節気の大寒までの期間のことも指すようです。

節分立春の前日)までを「(かん。寒中・寒の内とも)」と言い、今日を「寒の入り」とも言うそうです。

冬の寒さが一番厳しい時期ですね。今日から寒中見舞いを出し始めるそうです。

二十四節気(にじゅうしせっき)

参照・Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AF%80%E6%B0%97

季節節月節(せつ)中(ちゅう)
一月 立春(315度、2月4日) 雨水(330度、2月19日)
二月 啓蟄(345度、3月6日) 春分(0度、3月21日)
三月 清明(15度、4月5日) 穀雨(30度、4月20日)
四月 立夏(45度、5月6日) 小満(60度、5月21日)
五月 芒種(75度、6月6日) 夏至(90度、6月21日)
六月 小暑(105度、7月7日) 大暑(120度、7月23日)
七月 立秋(135度、8月7日) 処暑(150度、8月23日)
八月 白露(165度、9月8日) 秋分(180度、9月23日)
九月 寒露(195度、10月8日) 霜降(210度、10月23日)
十月 立冬(225度、11月7日) 小雪(240度、11月22日)
十一月 大雪(255度、12月7日) 冬至(270度、12月22日)
十二月 小寒(285度、1月5日) 大寒(300度、1月20日)